中古グランドピアノを買う際には部屋に入るサイズかどうかを確認しておく

中古グランドピアノを買う際には部屋に入るサイズかどうかを確認しておく

中古グランドピアノを購入する際には、部屋に入るサイズかどうかを、確認しておく必要があります。
注意しなければいけないのは、部屋の中のスペースが十分に広い場合であっても、部屋の中に入らない場合があることです。
中古グランドピアノを室内に入れるためには、部屋のドアよりも小さい大きさのサイズである必要があります。
お店で購入する際には、まず自宅のドアのサイズを調べてから、中に入れられるかどうか確認した方が最適です。
大型の中古グランドピアノを購入する場合には、設置する部屋までの通路を通れるかどうか確認する必要もあります。
玄関のドアを通れるかどうかをまず確認する必要があり、玄関を通っても部屋までの通路が狭い場合には、ピアノを搬入できない場合もあります。
確実にピアノを運べるようにするためには、室内の通路の大きさなども事前に調べてから商品を選んだ方が良いでしょう。
2階の部屋に設置する場合には、階段の広さも確認が必要です。

中古グランドピアノのタッチは触って確かめる

ピアノのタッチはどれも同じようでいて、個体によってそれぞれ微妙な違いがあります。
元の持ち主がどんな使い方をしていたか、カスタマイズを行っていたかによっても違いが出るため、中古グランドピアノを購入する際には事前に鍵盤を押してみて、タッチを確認すると良いでしょう。
中古グランドピアノとして売られている場合は、鍵盤の反応が悪かったり、そもそもまったく調律がされていない可能性も考えられます。
ピアノは構造が複雑な楽器であり内部に故障が一つあるだけでも音色に大きな差が出るのが特徴です。
鍵盤の戻りが悪くても少しだから問題ないと思えても、連打性の高い曲を演奏する時に気になってしまったり、反応が悪くて弾き心地が悪かったりなどの影響も出てしまいます。
音色の差は曲の完成度にも大きく関わるポイントです。
また、他の人には心地よく引けても自分には合わないということもありえます。
中古グランドピアノを選ぶ時には鍵盤を触り、妥協せずに自分に合った1台を探すことが大切です。

中古グランドピアノに関する情報サイト
中古グランドピアノ購入のポイント

このサイトでは中古グランドピアノを購入する前に知っておきたい、選ぶメリットや購入時のチェックポイントなどの基本情報をわかりやすく紹介しています。特にピアノを購入する場合、中古と新品のどちらが良いか迷ってしまうと言うことも多いのですが、それぞれのポイントをわかりやすく解説しており、選ぶ際の基準を明確にするための参考情報を豊富に得ることができるのが特徴となっています。また購入後トラブルが発生しないよう、事前に部屋に入るサイズかどうかを確認しておくことが重要であることなども記載しており、購入前に一読しておきたい内容となっているのがポイントです。

Search